アイシン産業
電話084-934-6615/FAX084-934-6968
メールでのお問い合わせ
  トップページへ戻る > お知らせ
お知らせ
会社紹介
パンフレット・事業紹介動画・特集等
地図・アクセス
採用情報

ご注文・お見積もり
営業マンご訪問によるご商談
お問い合わせ
よくあるご質問(FAQ)
加工方法から探す
CAD/CAM加工
極薄スライス
カット
プレス抜き
接着
熱圧成型
その他加工

加工目的から探す

ソファ・ベッド内材
介護・福祉用品
音・振動対策
ホビー・スポーツ用品
梱包緩衝材
その他用途

販売製品から探す

管工機材
断熱材・断熱副資材
制振・防音材
空調資材
工業用ベルト
その他製品
素材から探す
ウレタンフォーム
一般品
低反発
スーパーソフト
ハードタイプ
難燃
耐熱(メラミンフォーム)
吸音(カームフレックス)
吸水
静電気対策
フィルター
マイクロセルポリマーシート(ポロン)
チップウレタン
ゴムスポンジ
一般品
気密・止水
難燃
耐熱(シリコーン)
導電・静電気対策
低臭
耐油
ゴム
制振
放熱シリコーンゴム
オレフィン系発泡体
P・E-ライト
P・E-ライトZ
サンペルカ
無架橋発泡品

テレビニュースや経済誌で紹介されました

テレビニュースや経済誌の取材を受け、弊社の発泡品事業や高精度スライサーが紹介されました。
以下に放送内容や記事をご紹介させて頂きます。

2018年04月20日発行 経済リポート 1624号
2017年07月12日放送 RCC中国放送「イマなまっ!」
2016年02月01日発行 経済レポート No.1939
2015年12月15日放送 RCC中国放送とTSSテレビ新広島
2015年06月01日発行 経済リポート 1520号
2014年09月20日発行 経済リポート 1495号

 

2018年4月20日発行 経済リポート 1624号

アイシン産業
東京・大崎に東京オフィス開設
社長次男の宇田篤生氏が着任
首都圏ユーザーへのSを強化
経済誌「経済リポート」の表紙と記事

  発泡品加工メーカーの(株)アイシン産業(福山市神村町3550-1、宇田信士社長、電084・934・6615)はこのほど、東京オフィス(東京都品川区大崎2-9-3・大崎ウエストシティビル1階、電03・6417・0727)を開設、所長に社長の次男である宇田篤生氏が着任した。

  同社は1980年に創業。「発泡製品のトータルアドバイザーとして原反(原材料)から最終製品まで一貫して自社加工し、多品種、短納期で製品を提供している。2014年にはポリエチレンフォームやゴムスポンジなどを薄さ0.3mmという極薄加工ができる高精度スライサーを西日本で初めて導入するなど、ユーザーの様々な要望に応えている。

  加工品はソファ・ベッド内材や介護・福祉用品、音・振動対策、ホビー・スポーツ用品、梱包緩衝材など多岐にわたり、小ロットの注文に対応している。ユーザーは全国に及び、大阪府東大阪市に大阪営業所を開設しているが、首都圏にもユーザーが多く、サービスの強化と情報収集などの目的から、東京オフィスを開設した。

  宇田所長は1982年8月7日生まれ。盈進高等学校から大阪商業大学に進み、2005年に大学卒業後、アイシン産業に入社。同年10月から今年1月まで約12年間、高分子化学製品メーカーの(株)イノアックコーポレーション(名古屋市)に勤務後、2月にアイシン産業に再就職した。

 
経済誌「経済リポート」の記事
ページトップへ

 

2017年7月12日放送 RCC中国放送「イマなまっ!」

 
RCC中国放送の番組「イマなまっ!」にて、
弊社の発泡品事業を題材として、
知的クイズコーナー「ナルホーの扉」が放送されました
 

【アイシン産業のナルホー】
水曜日は知的クイズコーナー「ナルホーの扉」。

今回は福山市神村町にある、発泡品加工メーカー
「アイシン産業」のナルホー!

RCC中国放送「イマなまっ!」での放送内容
私たちが普段何気なく使っているモノには様々な発泡品が!どのように加工されているか工場に潜入取材しました。

一体どんなナルホーが飛び出すかお楽しみに!

※RCC中国放送「イマなまっ!」紹介文から引用

 
RCC中国放送「イマなまっ!」の撮影風景
ページトップへ

次のページへ 次のページへ
サイトマップ プライバシーポリシー
アイシン産業
Copyright (c) 2001-2014 AISHIN All Rights Reserved.